【ポケモン剣盾】全キョダイマックスポケモンの評価と可能性を考察!【後編1】

ポケモン剣盾
スポンサーリンク

こんにちは、へんじん(@henjin_blog)です。

前回に引き続きキョダイマックスポケモンを評価していきます。

後編が2パートに分かれますが、最初の記事を前編としてしまったのでこんなことになってます。

こちらの記事は後編1となります。

前編の記事では

  • アーマーガア
  • アップリュー
  • イーブイ
  • イオルブ
  • オーロンゲ
  • カイリキー

を評価しています。

まだ見ていない方はこちらからどうぞ。

スポンサーリンク

評価対象

後編1では以下の10匹を評価していきます。

  1. カジリガメ
  2. カビゴン
  3. キングラー
  4. ゲンガー
  5. サダイジャ
  6. ジュラルドン
  7. ストリンダー
  8. セキタンザン
  9. ダイオウドウ
  10. ダストダス

前編にある表のカジリガメ~ダストダスまでの評価となります。

10匹の評価ですので、気になるポケモンがいる場合は先に目次から飛んで見ることをおすすめします。

スポンサーリンク

評価

カジリガメ

水技が専用技になり、雨を降らす代わりにステルスロックを相手の場に撒きます。

攻撃しながらステルスロックを撒けるので強そうですが、カジリガメの特性に「すいすい」があり、ほとんどの人がすいすいを採用しているため「ダイストリーム」の方が使い勝手がいいです。

ペリッパーのような雨降らし要員と一緒に使うならば、キョダイカジリガメを採用してもよいかもしれません。

しかし、自分ですいすいを起動できない点に注意してください。

キョダイカジリガメではありませんが、すいすいカジリガメの育成論はこちら

カビゴン

キョダイカビゴンは1時期流行したので有名ですね。

ノーマルタイプの技が変化する「キョダイサイセイ」は使用済みの木の実を50%の確率で再利用できるカビゴンと非常に相性の良い技です。

高い耐久力を活かしてダイマックスとの相性も良く攻撃力も高いので、キョダイマックスポケモンの中でもかなり強い部類に属します。

ただ、最近の環境では50%という確率に依存しない普通のカビゴンの型の方が多いようです。それでもまだまだ環境で戦っていけるキョダイマックスの1匹です。

カビゴンの型はかなり多いですが、こちらの記事でいくつか紹介しています。

よければご覧ください。

キングラー

水技が専用技に変化します。

追加効果は素早さを2段階下げることができる割と強い技です。

もともと素早さが低いキングラーと相性がいいですが、対面で勝てるポケモンにしか勝てないのが傷です。

素早さを下げて攻撃しても、自分より速い相手の攻撃を1発はもらってしまいますし、ダイマターンを2ターン消費してしまいます。

それならば、「ダイストリーム」で雨を降らせて水技の威力を上げた方が強いと思います。

雨状態であれば貴重なダイマターンを2ターン消費することなく、1撃で相手を倒せる可能性が増えます。

ちなみに、雨下での水技にのる補正は1.5倍です。キングラーは水タイプなので、水技はタイプ一致でさらに1.5倍の補正がかかります。

ゲンガー

ゴースト技が専用の「キョダイゲンエイ」に変わります。

相手を交代不可にすることができますが、相手がゴーストタイプ、特性:かげふみ、バトンタッチなどの交代技を持っていると交代されます。

「ダイホロウ」は防御ランクわ1段階下げる技で、特殊型がほとんどのゲンガーとは相性がよくありません。よって、キョダイゲンガーを採用するのは全然ありだと思います。

交換を縛るというのは相手からすればそうとう厄介です。

しかし、ゲンガーに対面したらゲンガーに有利なポケモンに交換してくる場合がほとんどですので交換不可が有効な場面を作り出すには少し慣れが必要かもしれません。

サダイジャ

地面技が専用技に変化します。

「キョダイサジン」は相手を「すなじごく」状態にできるので、交換を縛った上にダメージ(相手の最大HPの1/8)まで与えられる(ターン制限はありますが)強力な技です。

ただ、普通に「すなじごく」を覚えるのでわざわざダイマックス権を切ってまで打つかと言われると微妙です。

型次第でもありますが、「ダイアース」で特防を上げる方が総合的な耐久力が上がり場持ちのいいポケモンになるので強い気がします。

サポート技も「へびにらみ」など優秀なものを覚えるので、ダイマックスで使うことは少ないのかもしれません。

ジュラルドン

ドラゴンタイプの技が専用の「キョダイゲンスイ」に変わります。

ジュラルドンに至っては絶対キョダイマックスしない方が強いのは明らかです。

相手のPPを2減らすってあまり強くないですよね?せめてもうちょっと多く減らしてくれれば使い道があったかもしれませんが、2って…。

確実に「ダイドラグーン」の方が優秀ですね。

見た目が好きでどうしても使いたい場合は、カジュアルバトルで使うことになりそうです。

キョダイではないマイナー型ですが、ジュラルドンの育成論を紹介しているのでよければどうぞ。

ストリンダー

ストリンダーには2種類ありますが、どちらもキョダイマックスした姿は同じです。

電気技が専用技に変わります。追加効果は優秀で、相手を「どく」か「まひ」にします。

どちらも強い状態異常なので使いやすいと思います。

欠点は自分で状態異常を選択できない点と、エレキフィールドを展開できない点です。

剣盾は普通のダイマックス技の追加効果が優秀すぎてキョダイマックス技がくすんで見えてしまいますね。

個人の好みで、火力を求めるなら通常個体、嫌がらせしたいならキョダイマックス個体を使えばよいと思います。

私は見た目が好きなのと、嫌がらせしたい(最低)のでキョダイマックス個体を使います。

ハイとローが合体したようなあの姿、たまりません!

セキタンザン

岩技が専用技に変化します。

追加効果はリザードンの岩版です。

セキタンザンは比較的優秀な種族値を持っていますが、素早さが極端に遅いのと弱点が環境に多いのが使いにくい原因です。

キョダイマックスで使うのもなかなか強いとは思いますが、必ず攻撃の前に相手の攻撃を受けてしまう事を考えると、砂を起こして耐久力を上げられる「ダイロック」の方が断然いいと思います。

ただ、「じょうききかん」という面白い特性を持っているのでどうにかして活躍できないかと型を考え中です。

まあ、「じょうききかん」を発動しても上から攻撃できないポケモンもいるんですがね。

ダイオウドウ

鋼技が専用技に変わり、鋼タイプのステルスロックを撒くことができます。

鋼版ステロを撒けるのはこのポケモンだけですが、素早さが遅いのと見た目の割に耐久力があまりない上、「ダイスチル」が優秀で採用するかは微妙なところです。

基本的に物理アタッカーで運用することが多いポケモンなので、ステロを撒くよりも耐久力を上げて場残りを意識した方が強く使えると思います。

ただし、環境に多いフェアリータイプに有効なのはとても評価できる点です。

これからのアップデートでカプ系(アローラ地方で暴れた4体の準伝説ポケモン。全員がフェアリータイプを持っている。)にとても強いので、カプ系がランクマに来たら採用率が上がるかもしれません。

ダストダス

毒技が専用技になります。

専用技は割と使えそうですが、毒タイプのダイマ技は威力が低く設定されているのに加え、ダストダスの種族値と使える技が微妙過ぎて環境で戦っていけるようなスペックではないのが欠点です。

ダストダスをどうにか活躍させようと考えるプレイヤーはいますが、ほとんどが諦めています。

私もマイナー使いとして何か良い型を考えていますが、今のところ進展なしです。

「待ってろよダストダス!絶対に活躍させてやるからな!」

皆さんもぜひ、考えてみてください。

まとめ

今回は10匹のキョダイマックスポケモンを評価しました。

キョダイマックスポケモンって見た目が良いのが多くて使いたくなるのですが、それぞれの専用技が「普通のダイマックスの方が強いやん」っていうのが多くて型に悩みますよね。

それもこれも全ポケモンが活躍できるようにダイマックスというシステムが考えられたと思うので、普通のダイマックス技の追加効果が優秀なのは理解できます。

そうやってマイナーでも戦える環境が整備されていくのは嬉しい限りです。

では、次回のキョダイマックス評価でお会いしましょう!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました