【構築記事】ランクマで使えるホップの手持ちパーティを紹介!【ポケモン剣盾】

ポケモン剣盾
スポンサーリンク

こんにちは、バイウールーが相棒、へんじんです。

ある日、バイウールーと共にランクマッチで戦っていた時、

へんじん
へんじん

そういえば、ホップもバイウールー使ってたな。

そうだ!同じバイウールーを愛する者同士だし、ホップのパーティでランクマ潜ったろ。

と思い付きで、ホップパーティを構築することにしました。

もちろん、軸はバイウールーですよ!

「なんか変なことやってんな~」ぐらいの気持ちで見てください。

ちなみに、僕は本気です。このパーティでマスターボール級にだって上がりました!

スポンサーリンク

使うポケモン

まず、ホップパーティと言っても、ストーリー中で幾度となく戦ってきましたし、いろんなポケモンを使っていました。

ホップがパーティを組むのに試行錯誤して、一時期は相棒のバイウールーを使わなかったり、でも最後はちゃんとバイウールーを使っていて、一つの人間ドラマのようでしたね。

そして、プレイヤーに負けた時のあの表情!

なかなか、感慨深いものがあり、とても面白いストーリーでした!

また、「薄明の翼」でのウールーとの絆の物語り!

最高です!!

話がそれてしまいましたね…

今回の使用ポケモンは、まどろみの森(9回目の戦闘)でのホップの手持ちポケモンです。

よって、使用できるポケモンは次の通りです。

  • バイウールー
  • バチンウニ
  • ウッウ
  • カビゴン
  • アーマーガア
  • ガラル御三家

この時の手持ちが唯一、ランクマで使えるポケモンのみで6匹だからです!

今まで使ってきたポケモンも使用可能にしてしまうと、もはやホップパーティではなくなってしまうので、その時の手持ちで戦うことに決めました。

スポンサーリンク

構築

ここで、1体ずつ解説すると、とても長くなってしまうので、簡単に採用理由や、役割などを紹介します。

※当サイトでは簡略化するためHP、こうげき、ぼうぎょ、とくこう、とくぼう、すばやさ→h,a,b,c,d,sと表記します。また、性格補正がある場合には↑、↓と表記します。性格補正が何もない場合には特に表記しません。ダイマックスしている場合にはポケモンの名前の前にGを表記します。例:Gリザードン

バイウールー

性格わんぱく(防御↑特攻↓
特性もふもふ
持ち物食べ残し
努力値h:252 b:252 d:4

物理受けです。また、バイウールーを起点にしようとしてくる輩がいても、でんじはを打って、嫌がらせをできます。

ちなみに、ローブシンはカモです。

え!?なに?急所?そんな言葉は私の辞書にはございません。

バチンウニ

性格れいせい(特攻↑素早↓
特性ひらいしん
持ち物いのちのたま
努力値h:252 a:4 c:252

特性は、エレキメーカーが有名ですが、ホップパーティには電気タイプがきつすぎるので、そこを逆手にとってこちらの火力をブチ上げるといった魂胆です。

いのちのたまを持たせることで、相手の受け出しを許しません。

aに少し振ってあるのは「ふいうち」の威力を上げるためでです。

ウッウ

性格ようき(素早↑特攻↓
特性うのミサイル
持ち物きあいのタスキ
努力値h:4 a:252 s:252

実はこのポケモン、こうげきと、とくこうの種族値が同じです。

また、物理技の方が威力が高く、技範囲も広いです。よって、相手の不意を突ける物理アタッカーとして育てました。

弱保バンギラスが出されやすいですが、この型にはむしろ、こっちが有利です。

カビゴン

性格しんちょう(特防↑特攻↓
特性あついしぼう
持ち物オボンのみ
努力値h:252 b:4 d:252

物理受けが多いパーティなので、特殊受けに特化させました。

特製:あついしぼうにすることで、ヒートロトムなどに強くでれます。

ただし、普通のカビゴンと同じように運用すると、物理技ですぐに倒されてしまいますので、注意してください。

アーマーガア

性格わんぱく(防御↑特攻↓
特性ミラーアーマー
持ち物ゴツゴツメット
努力値h:252 b:252 s:4

物理受けですが、バイウールーと役割がかぶっています。

そこで、差別化するために、受けながら、相手にダメージを与えられるように、ゴツゴツメットを持たせました。

また、バイウールーでは受けれない、ヒヒダルマなんかに出せます。

エースバーン

性格ようき(素早↑特攻↓
特性もうか
持ち物チイラ
努力値h:4 a:252 s:252

名の通り、このパーティーのエースです。

みがわり三回打つと、もうか圏内に入ります。

このパーティはナットレイなど、炎技がないと積むことが多いので、エースバーンを採用しました。

ゴリランダーを採用して、カビゴンに炎技を持たせることもできますが、こちらのパーティに炎の一貫ができすぎるので、不採用としました。

まとめ

ここまで、ホップパーティの構築を紹介してきました。

実際にこのパーティでマスターランクには行きました。

しかし、言ってしまうと、弱いです

プレイングが上手な人ならマスターランク後も戦えるのかもしれませんが、私には無理でした。

まあ、楽しむことは大事ですので、このパーティを使って楽しめたなら、それでいいでしょう。

ネタなので、「自分ガチ勢ですから」とかいう人は使わないことをお勧めします。

では、楽しいポケモンライフを!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました