【健気なサポート役】優秀なサポート技の宝庫!アブリボンの育成論【ポケモン剣盾】

ポケモン剣盾
スポンサーリンク

こんにちは、へんじん(@henjin_blog)です。

ランクマッチで自分のお気に入りや、好きなポケモンを使おうとした時どうやって活躍させるか迷いますよね。

どこかに秀でているけど、一方でとてもHPが少ないだったり、素早さが遅かったりと欠点もあらわになってしまいます。

しかし、そこにサポーターをつけてあげることで活躍させるのが非常に楽になったりします

そこで、どのポケモンとも相性のいい万能なサポーターいないかなと考えていたら、いました。

それが、アブリボンです!

当記事では、サポーターとしてのアブリボンの型を紹介します。

スポンサーリンク

育成論

※当サイトでは簡略化するためHP、こうげき、ぼうぎょ、とくこう、とくぼう、すばやさ→h,a,b,c,d,sと表記します。また、性格補正がある場合には↑、↓と表記します。性格補正が何もない場合には特に表記しません。ダイマックスしている場合にはポケモンの名前の前にGを表記します。例:Gリザードン

ポケモン徹底攻略様より引用
性格おくびょう(素早↑攻撃↓
特性りんぷんorスイートベール
持ち物ひかりのねんどorきあいのタスキ
努力値h:252 c:4 s:252
技構成ムーンフォース/ひかりのかべ/リフレクター/ねばねばネット

性格

最速にするためにおくびょうで確定です。

アブリボンの素早さ種族値は124で、相手がスカーフを持っていなければドラパルトやアギルダーなど以外から、上から確実に壁を展開することができます。

特性

これは好みですが、特性:みつあつめ以外だったらどちらも使えます。

個人的には、最近「あくび」持ちが増えたので眠りを無効にできるスイートベールをおすすめします。

りんぷんは追加効果を受けなくなるので、ひるんだりしなくなりますが、アブリボンの素早さが速いのであまり意味をなさないかと思います。

持ち物

持ち物も好みなので、どちらも使ってみての手応えと共に特徴を紹介します。

ひかりのねんど

→壁ターンを延長できるため、後続のポケモンがやりたいことをできる。しかし、不意のスカーフ持ちに弱い。

きあいのタスキ

→初手投げが安定する。タスキ枠を埋めてしまうのと、壁ターンを枯らされやすいのが欠点。

努力値

最速にしたいのでs:252は確定と考えて、壁を貼って生き残ってねばねばネットを打つ機会を得たいので、h:252に振りました。

残りは申し訳程度にcに振りました。

一応、c:236振るとh4ドラパルトをムーンフォースで確定1発にできるので、タスキで運用を考えている方は割とおすすめです。

ドラパルトと対面したときに、相手は火炎放射を打ってくる確率が高く意外と倒せます。

技構成

ムーンフォース

メインウエポンとなる技。威力が高く、タイプ一致で打てる上に環境に多いドラゴンタイプに有効なので虫技よりも優先して採用しました。

前述したとおり、c:236振るとドラパルト確1、無振りでもサザンドラは確1で倒せます。

ひかりのかべ

相手の特殊技を半減で受けれるようになる技です。

説明不要の強力なサポート技です。

リフレクター

こちらも説明不要の強力サポート技で、物理技を半減で受けられます。

ちなみに、環境には物理技の方が多いといわれているそうです。

ねばねばネット

フィールドに展開し、特性:ふゆうや飛行タイプ以外のポケモンの素早さを1段階下げることができる強力な技。

アイアントなどの高速高火力アタッカーも楽に対処できるようになる、素晴らしい技。

この技が気に入らなければ、しびれ粉でもあり。

スポンサーリンク

運用・役割

ひかりのねんどの場合

アブリボンよりも素早さが高いポケモンが相手の初手で出てきそうな場合は、先発で採用しないなどの配慮が必要です。

また、相手が「ふゆう」や飛行タイプばかりの場合はねばねばネットは刺さらないので注意してください。

きあいのタスキの場合

相手がどんなポケモンだろうと行動保障されているので、初手に投げて活躍できます。

ただし、壁ターンは枯らされやすいので交換のタイミングや、交換後の動きには注意して立ち回ってください。

どちらの持ち物を採用しても、基本サポートに徹するタイプでダイマックスはしないので、ダイマ飴を使う必要はありません。

その点もアブリボンの魅力ですね。ダイマ飴は足りなくなることが多く、節約したいですから…。

まとめ

今回は、サポート特化のアブリボンを紹介しました。

ねばねばネットを張るだけで相手を楽に倒せるようになるのでお勧めです。

ムーンフォースとねばねばネットは、遺伝技(タマゴ技)なので覚えさせるのが少々面倒ですが、そこは我慢して育成しましょう。

手間をかけただけ愛着もわきますし、よりかわいく見えると思いますよ!

遺伝技の遺伝の仕方が分からない方は、下記にリンクを貼っておくのでそちらからご確認ください。

では、楽しいポケモンライフを!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました