【育成論】相手を騙して勝て!トリッキー型両刀ゾロアーク!【ポケモン剣盾】

ポケモン剣盾
スポンサーリンク

こんにちは、へんじん(@henjin_blog)です。

ついにランクマで鎧の孤島が解禁されました!

以前、鎧の孤島解禁前にゾロアークの考察

をしたのですが、この時私は特殊型と物理型を考えました。

しかし、いざ環境を見てみたら

「両刀の方が強くね?」

と思ったので型を考えてみました。

スポンサーリンク

育成論

ポケモン徹底攻略様より引用
性格むじゃき(素早↑特防↓
特性イリュージョン
持ち物きあいのタスキ
努力値A :4 C:252 S:252
技構成ナイトバースト
かえんほうしゃ
ふいうち
カウンター

調整意図

ゾロアークは典型的な高速アタッカーの種族値をしていて、耐久力は何を受けても痛手になってしまう程です。

なので、耐久に努力値を回すくらいなら攻撃に振って少しでも「ふいうち」の威力を上げることにしました。

基本は特殊技なので、Cに252振って、Sは最速としました。

持ち物

器用な動きをできるようにしたいので、

行動保障がある「きあいのタスキ」を採用しました。

タスキカウンターや、ゾロアークより素早さが高い相手への切り替えしに有効です。

技構成

いろいろと迷いましたが、タイプ一致で無振りドラパルトを確1で持っていける「ナイトバースト」とタスキと相性がよく、面白い動きができる「カウンター」をまず確定としました。

残りの2枠はタイプ一致先制技の「ふいうち」と環境に刺さる相手が多い「かえんほうしゃ」を選択しました。

「かえんほうしゃ」以外の候補は

  • ヘドロばくだん
  • シャドーボール
  • きあいだま
  • くさむすび
  • しっとのほのお
  • ちょうはつ

でした。

この中だったら一番使いやすいかと思って選択しましたが、

ゾロアークの「かえんほうしゃ」は結構有名なので別の技の方が読まれないという意味ではいいのかもしれません。

新技である「しっとのほのお」でも強く使えますが、火力が下がるので好みですかね。

運用

今回の型のゾロアークは、かなりエースバーンを意識して構成を考えました。

ゾロアークのHPでは、ダイマエースバーンをカウンターで一撃では倒せないので注意してください。

また、環境に多いドラパルトに強くでれます。

さらに、恐らく増えるであろうエアームドやジバコイルなどの鋼ポケモンにも強く使えるように「かえんほうしゃ」を入れています。

特性イリュージョンで相手を翻弄して、相手の予想外を作り出すのがゾロアークの役目です。

それをするのに十分なトリッキーな型で、広く対応できます。

一緒にパーティーを組むポケモン次第でどこまでも強くなれるのがゾロアークの強みでもあるので、どんどん試して最高の組み合わせを見つけてみてください!

個人的なオススメは、弱点を補い合えるゴーストタイプやエスパータイプです。

スポンサーリンク

まとめ

今回は両刀型ゾロアークを紹介しました。

タスキカウンターを決めた後も、「ふいうち」や自慢の素早さを活かしてHPの削れたポケモンをお掃除できる点が強いです。

しかし、「ふいうち」の威力は無振りドラパルト確2程度なので、注意が必要です。

「ふいうち」に着目するなら、物理型で育成した方がエースバーンを一撃で倒せたりと面白い動きができます。

ゾロアークは特殊型がメジャーなので、剣盾で使うなら特殊型以外の方が読まれにくくて強いと思います。

また、特殊型の技範囲は広い方ではないので、より特殊以外が輝きそうです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました